正しい生活習慣とは!?

 

こんにちは、まさとです。

 

 

 

今回は前回の続きである

正しい生活習慣について話していきます!

 

 

人は生活習慣によっていつの間にか

痩せにくい身体をつくってしまいます。

 

f:id:masato_wadatumin:20210427171009j:image

 

逆に生活習慣を変えるだけでも

痩せやすい身体をつくることができます!

 

実際生活習慣って言っても

何が間違ってるのかわからない

って人もいると思います!

 

そこでまずは

自分の生活習慣を見直してみましょう!

 

それではNGな生活習慣です。

 

 

1つ目は

お酒の飲みすぎ

です。

 

f:id:masato_wadatumin:20210427171018j:image

 

アルコールを過剰に摂取すると

エネルギーを取りすぎてしまい

脂肪としてどんどん増えていってしまいます。

 

また肝機能はアルコール処理だけではなく

糖質やタンパク質、脂質の代謝などに

深く関わっている臓器です。

 

肝機能が低下すると

むくみや代謝低下の原因にもなることがあります。

 

 

2つ目は

朝食を抜く

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210427171026j:image

 

これは朝食じゃなくても

昼食や夕食を抜いても一緒です。

 

 

人は厳しい自然界を生き抜く過程で、

エネルギーを脂肪という形で蓄え、

食料不足に陥ってもすぐに死なないように進化してきました。

 

 

なので栄養をすぐに摂取できない環境にいると、

身体は食べたものを脂肪に変えて

エネルギーを蓄えようとします。

 

 

そのため脂肪をつけないようにするには

空腹状態を長く作らないようにすることです。

 

なので適度なタイミングで適量の食事をすること

大切です。

 

 

またお相撲さんは1日2食にして

わざと身体に脂肪を蓄えようとします!

 

逆に筋肉を維持して脂肪を落とす

ボディービルダーは1日6食程度の食事を取ります。

 

このように脂肪を落としたい場合は

1食の量を減らし

1日に5〜6食程度食事を摂ることがおすすめです!

 

f:id:masato_wadatumin:20210427171534j:image

 

 

3つ目は

水をあまり飲まない

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210427171037j:image

 

水を飲むと体温が下がります。

 

そのため身体が体温を上げるために

一時的に代謝が上がります。

 

 

また細胞の中の水分が入れ替わる際に

老廃物が排出されるので、

デトックス効果も期待できます!

 

さらに、便が水分を含むため

便秘の解消になるなど、

水を飲むことで嬉しい効果がたくさんあります!

 

ですが、水を飲みすぎると女性の場合は、

筋力が弱いため

水太りや浮腫の原因になってしまいます。

 

なので1日1〜1.5ℓ程度を目安

飲んでみましょう!

 

 

また水道水には塩素が含まれています。

 

そのまま飲んでしまうと

肌荒れの原因になってしまいます。

 

したがって、

なるべく浄水器を通した水か

ミネラルウォーターを飲むようにしましょう!

 

 

NGな生活習慣とは

まとめると

 

1.お酒の飲みすぎ

 

2.朝食を抜く

 

3.水をあまり飲まない

 

ことです。

 

上の3つはよくありがちなことで

他にも睡眠不足などでも

痩せにくい身体をつくってしまいます。

 

f:id:masato_wadatumin:20210427171053j:image

 

NGな生活習慣とは

簡単に言えば

健康的ではない生活をしていることです。

 

生活習慣を変えれば

太りにくい身体に近づきます。

 

誰もが太りにくい身体になりたい!

と思っていると思うので、

今の生活習慣は健康的なのか

しっかり見直しましょう!

 

 

 

ご精読ありがとうございました。

正しい痩せ方をするには?

こんにちは、まさとです。

 

 

自分は今までいろんなダイエット方法を

言ってきました。

 

実際どれが正しいの!?

 

ってなる方もいると思います!

 

f:id:masato_wadatumin:20210427170904j:image

 

そこで!

今回は自分が1番おすすめする

正しいと思うダイエットを説明していきます!

 

 

まずダイエットをする上で

大切なことがあります。

 

それは

健康にいる

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210427170929j:image

 

ダイエットしてるんだから

健康なんじゃないの?

 

それは違います。

 

無理なダイエットをして痩せたとしても

栄養失調などの病気にかかる可能性があり、

食欲不振などにも陥る危険があります!

 

 

健康的なダイエットとは

 

体重だけじゃなく、余分な脂肪を落とし

適度な筋肉付けることで、

代謝がスムーズで疲れにくい身体を作る

 

ことです!

 

そのためには

 

食事のコントロール

 

運動

 

正しい生活習慣

 

この3つを見直す必要があります!

 

 

またある程度の運動をし

しっかり食事も摂ることで

食べられないストレスを軽減し

続けやすいというメリットがあります!

 

 

それでは正しいダイエットの方法です!

 

まず最初に目標の設定です!

 

f:id:masato_wadatumin:20210427170918j:image

 

これは前の記事でも伝えたように

明確な目標を設定してください。

 

そこから1日の削減目標カロリーを割り出します。

 

7,000kcal

(体重1kgを落とすのに必要なエネルギー)

× 落としたい体重(kg)÷減量日数(日)

1日の削減目標カロリー

 

上のように落としたい体重と

減量日数(1ヶ月=30日)を当てはめて

計算をしてください。

 

 

続いて運動です!

 

f:id:masato_wadatumin:20210427170942j:image

 

運動も前の記事で出したように

有酸素運動無酸素運動

組み合わせて行ってください、

 

体脂肪を効率的に落とすには

無酸素運動有酸素運動が鉄則です。

 

有酸素運動はややきつい

中強度の運動をすることによって

脂肪燃焼効果が高まります。

 

そのためダッシュではなく

20分以上を話せるぐらいのペースで

走るようにしましょう!

 

 

続いて食事です!

 

f:id:masato_wadatumin:20210427170951j:image

 

健康的に痩せるには適切なカロリーコントロール

バランスよくしっかり食べ、

必要な栄養を摂ることが重要です!

 

また栄養の中でも

タンパク質はしっかり摂るようにしましょう!

 

タンパク質を構成するアミノ酸は、

食べたものをエネルギーに変えるときの

必ず必要な栄養素の1つです!

 

タンパク質が不足すると、エネルギー代謝

サイクルがスムーズに回りにくく、

カロリーを控えていても、

脂肪として蓄積されやすくなってしまうのです。

 

必ず毎食1品以上はタンパク質を含む

食事を摂るようにしましょう!

 

f:id:masato_wadatumin:20210427171446j:image

 

 

今回は

 

目標設定

運動

食事

 

について話してきました!

 

最後に残っている

正しい生活習慣については

次回詳しく説明していきます!

 

ぜひまた読んでください!

 

 

ご精読ありがとうございました。

モチベーションの上げ方

こんにちは、まさとです。

 

 

今回はダイエットを続けるために大切な

モチベーションの上げ方について

説明していきます!

 

 

ダイエットをしていて

モチベーションを保ったまま行うのって

難しいですよね?

 

前回の記事同様にどうしても1人だと

モチベーションが保てなくて諦めてしまう

って人はたくさんいます。

 

それでもふとした瞬間に

 

やっぱ痩せたいなぁ

 

って思うことは沢山あると思います!

 

 

今回はその悩みを解決していきたいと

思います!

 

 

まずモチベーションを保つために

必要なこととして

 

無理に厳しい

制限をしない

 

ことです。

 

無理な食事制限等を行うとストレスが溜まり、

逆にモチベーションが下がってしまいます。

 

f:id:masato_wadatumin:20210424183506j:image

 

ダイエットを継続するためには

無理をしない

ことが大切です。

 

たまにはお菓子やスイーツを食べたり

曜日を決めて食べたりして

ストレスを感じ過ぎないようにしましょう!

 

f:id:masato_wadatumin:20210424183458j:image

 

 

2つ目は

 

何かご褒美を用意する

 

ことです。

 

頑張ってトレーニングした後や

かなりきついダイエットをした次の日などに

楽しみを用意するようにしましょう!

 

f:id:masato_wadatumin:20210424183536j:image

 

スイーツなどのご褒美でもいいし

何か楽しい予定を入れるのでも構いません。

 

終わったあとにご褒美があることで

余計に頑張ることができます!

 

モチベーションを保つためにも

やる気がアップするようなことを行いましょう!

 

 

3つ目は

 

目標を明確にする

 

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210424183640j:image

 

「夏までに痩せてこの水着を着れるようになる」

「冬のマラソン大会までがんばる」

「この服を着れるようになる」

 

など目標を明確にすることが大切です。

 

人はゴールがなければ

どこに向かっているのかわからなくなります。

 

目標(目指すゴール)をはっきりと決めておくことで、

そこに向かって頑張ることができます。

 

なので目標を明確にすることはダイエットにおいて

かなり大切です!

 

 

今回は3つのモチベーションの

上げ方を説明しました!

 

 

ダイエットにおいて

モチベーションをキープすることは

とても大切です。

 

なので今回説明した

 

目標を明確にしたり

ご褒美を用意したりして

 

モチベーションを保って

ダイエットを継続できるように頑張りましょう!

 

 

 

ご精読ありがとうございました。

ダイエットを続けるために大事なこと

こんにちは、まさとです。

 

 

 

今回はダイエットをする人の

大体の方が悩むことである

 

ダイエットを続けるために

大事なこと

 

を説明していきます!

 

 

ダイエットをしても続かない人は沢山います。

 

正直自分も筋トレをしていて

続かないってことも何回もありました!

 

そこで継続するために

大事なことを伝えていきます!

 

まず1つ目として

 

ダイエットをすると

周りに公言する!

 

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210424072514j:image

 

周りに公言することで

 

有言実行しなければいけない!

 

と頑張れる女性も多いと思います。

 

 

親しい友人、家族、恋人、好きな人

誰でもいいので

私はダイエットをして痩せる!

と伝えてみてください!

 

言ったのに痩せれなかったなんて

情けないですよね。。

 

 

2つ目として

 

具体的な目標を掲げる

 

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210424072555j:image

 

具体的な目標があると、

さらにやる気もアップするのではないでしょうか。

 

 

どのような女性になりたいのか、

憧れの女優さんやモデルさんを

待ち受け画面にするのもいいでしょう。

 

 

そしてダイエットに成功したときの自分を

イメージすることも継続するコツの一つです。

 

 

3つ目として

 

一緒にやる仲間をつくる

 

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210424072603j:image

 

1人だとどうしても挫折してしまう人が多いです。

 

そのような人には

一緒にやる仲間を作ることをおすすめします!

 

友人や恋人、SNSで繋がるのも一つ方法です!

 

また周りに公言することによって

友人も一緒にやるという人も

出てくるかもしれません! 

 

ぜひ公言して仲間を増やしましょう!

 

 

仲間を増やすことで

みんなが頑張っていると思えば

やる気も出ますし、

 

どんな運動、どんな食事をしたか

SNSにシェアすることによって

続ける力にもなります!

 

またほかの人のダイエットの方法も

知ることができるようになります!

 

ダイエットの知識をみにつけることもできる

ので、ぜひSNSを活用してみてください!

 

f:id:masato_wadatumin:20210424072639j:image

 

今回はダイエットを続けるために

3つのことをおすすめしました!

 

ダイエットを周りに公言する

 

具体的な目標を掲げる

 

一緒にやる仲間をつくる

 

 

ほかにもストレスに上手に向き合うなど

ダイエットを続けるため上で

人によってそれぞれ合っているもの

合っていないものがあります。

 

自分なりに試してみてダイエットを続けるために

合っているものを探してみてください!

 

 

 

ご精読ありがとうございました。

骨格筋率を上げるには!?

こんにちは、まさとです。

 

 

 

今回は骨格筋率の上げ方について

説明していきます!

 

 

前の記事で骨格筋率を高くすることが大事と

説明してきました。

 

ですが

実際どうすれば上がるのか

分からないと思います。

 

 

そこで今回はダイエットをしながら

骨格筋率を上げていく方法を

説明していきます!

 

 

まずなぜ骨格筋率を上げるのかですが、

 

前に説明したように

骨格筋率を上げることで

 

基礎代謝が上がり

消費カロリーが増えるため

自然に痩せやすい身体になる

 

からです!

 

 

では骨格筋率を上げるには

どうすればのかですが、

 

簡単に言えば

筋肉を増やせばいい

だけです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210423114433j:image

 

そのためダイエットをしながらでも

骨格筋率を増やすことができます!

 

むしろ骨格筋率を増やすことで

効率的にダイエットをすることができます!

 

 

骨格筋率を増やすには

筋肉を大きくする

レーニン

が必要です。

 

f:id:masato_wadatumin:20210423114518j:image

 

筋肉を大きくするトレーニングとは

 

短時間に

強い負荷をかけて

速筋を増やす無酸素運動

 

を行います。

 

f:id:masato_wadatumin:20210423114632j:image

 

そこでどのようなトレーニングをすれば

いいのかといいますと、

 

下記にある前の記事で説明した

レーニング方法と一緒です。

家で出来る痩せる筋トレ方法 - 彼氏が欲しくてダイエットを始めたけどすぐに諦めて続かない20代前半の社会人女性必見!楽しくできて理想のスタイルを手に入れ、彼氏ができるようになる方法!

 

じゃあ骨格筋率はダイエットすれば勝手に上がるんじゃないの?

 

って思う方もいると思います!

 

普通のダイエットでは器具を使わないと

負荷があまりかからないため

慣れてくると何回もできてしまいます!

 

そこで同じトレーニングでも

負荷を格段に上げる方法があります!

 

それは

 

1つの動作を

3〜5秒かけて行う

 

ことです!

 

f:id:masato_wadatumin:20210423114711j:image

 

そうするだけで

全く負荷が違うのでかなりきつく

 

今までできてた腹筋や腕立て伏せが

5回ぐらいしか出来なくなる人もいます!

 

 

セット回数については様々な記述がありますが

基本的には10回×3セット

が1番おすすめです!

 

 

またポイントとして

 

正しいフォームでゆっくり動かし、

伸ばしきる(縮めきる)前に次の動作に移る

 

ことです!

 

このようにして1セットの間、

常に筋肉に負荷をかけ続け、

効率的に筋力アップするトレーニングの方法を

 

スロートレーニン

 

といいます。

 

f:id:masato_wadatumin:20210423114724j:image

 

 

ダイエットをする上で

早く痩せたい人が大半だと思います!

 

そのためにも

効率よく痩せるために

このスロートレーニングを行い

骨格筋率を上げていきましょう!

 

 

 

ご精読ありがとうございました。

骨格筋率とは!?

こんにちは、まさとです。

 

 

 

今回は前回の記事で出した

骨格筋率について詳しく説明していきます

 

 

まず筋肉には3つの種類があります。

 

1つ目が骨格筋

 

2つ目が平滑筋

 

3つ目は心筋

 

になります。

 

平滑筋は内蔵の壁にある筋肉で

食べ物を消化する時に使用されます。

 

この筋肉は自律神経によって動いています。

 

そのため自分の意思で

鍛えたり動かしたりすることができません。

 

f:id:masato_wadatumin:20210422032555j:image

 

 

心筋はその名の通り、心臓の筋肉になります。

 

この筋肉は休みなく働き

何リットルもの血液を約30秒の間に

身体全体に1周させる力があります。

 

こちらも自律神経が関わっていますので、

自分の意思で動かすことができません。

 

 

そして骨格筋です。

 

骨格筋は

簡単にいうと骨に付着して動かす筋肉です。

 

外から形がわかるものがほとんどです。

 

プロポーションの形成に関係し

内蔵を保護する役割があります。

 

また3種類の筋肉の中で

唯一運動神経が備わっており

自分の意思で鍛えることができます

 

またその割合は全筋肉の40%を占めています。

 

f:id:masato_wadatumin:20210422032609j:image

 

 

骨格筋率とは体重の中で骨格筋が占める割合になり

体重と体脂肪率

わかれば計算することができます。

 

 

骨格筋率を増やすことで

基礎代謝が上がりやすくなり、

自然と痩せ体質を作ることができます!

 

 

骨格筋率を出すためには、体重全体から

骨格筋以外のものを引いて計算します。

 

まずは体脂肪量を出します。

これは「体重×体脂肪率=体脂肪量

で出すことができます。

 

次に

体重-体脂肪量=骨・内臓・筋肉の重さ」で

体脂肪を除いたそれ以外の重さを出します。

 

そのうち50%が筋肉量といわれていますので、「骨・内臓・筋肉の重さ÷2=筋肉量

 

そして「筋肉量÷体重=骨格筋率(筋肉率)」で

骨格筋率を出すことができます。

 

 

骨格筋率を知ることによって

ひとつのダイエットの目標にもなってきます。

 

f:id:masato_wadatumin:20210422032739j:image

 

ぜひ自分で計算して

自分の骨格筋率を調べて見てください!

 

 

 

ご精読ありがとうございました。

痩せやすい人と痩せにくい人の違い

こんにちは、まさとです。

 

 

 

今回は痩せやすい人と痩せにくい人の違いを

伝えていきます。

 

 

まず痩せやすい人の特徴として

 

1つ目は

体重よりも健康を重視

していることです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210421020359j:image

 

 

ダイエットをしていると

目標の数値にこだわりすぎる人が多くいます。

 

そのため無理に痩せる方法で

体重を減らそうとしまいがちです。

 

 

痩せやすい人の場合だと

体重という数値にこだわらず

自分の身体にいい食べ物をたべたり

健康のために運動をすることが習慣になってます。

 

 

体重よりも健康のためという気持ちでいる

身体のために脂っぽいをやめたり

甘いものをやめておこうという意識が働き

知らず知らずのうちに太りにくい身体になります。

 

 

2つ目は

よく噛んで

ゆっくり食べる

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210421020418j:image

 

 

よく噛んで食べることによって

たくさん食べる前に満腹中枢が刺激され

お腹がいっぱいと感じます。

 

そのため

食べ過ぎることを防いでくれるのです。

 

それにたくさん噛むことによって

カロリーが消費され

食べながらダイエットすることができるのです!

 

 

3つ目は

骨格筋率が高い

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210421020430j:image

 

 

骨格筋率が高い人は

体重が同じ人でも細く見え

見た目が引き締まって見えます。

 

骨格筋率は

骨に付着して動かす筋肉で

外から形がわかるものがほとんどです。

 

骨格筋率をあげることで

基礎代謝が増え

消費カロリーが増えるので

自然に痩せやすい身体を作ることが出来ます。

 

 

続いて痩せにくい人の特徴です。

 

1つ目は

食べることで

ストレスを解消している

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210421020600j:image

 

 

ストレスの解消方法は人によって様々です。

 

ですが太りやすい人の特徴として

食べることでストレスを発散している人もいます。

 

そのような人は

暴飲暴食をしまいがちになり、

お腹が空いてなくても食べてしまうことが

多いです。

 

また甘いものや脂っぽいものを多く摂取し

どんどん太ってしまいます。

 

ストレスを発散する方法として

食べることは簡単にできますが

なるべく他の発散方法を見つけて下さい。

 

 

2つ目は

よく噛まず早食いする

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210421020442j:image

 

 

先程よく噛んでゆっくり食べれば痩せると

いったように

逆によく噛まず早食いすると太りやすいです。

 

なぜ早食いすると太るかといいますと

早食いすると血糖値が急激に上がります。

 

そのため血糖値を下げるために

体内でインスリンが多く分泌されます。

 

すると、身体の中の糖が

脂肪として蓄積されやすくなってしまうのです。

 

なので食べる時は

よく噛んでゆっくり食べることを意識しましょう。 

 

 

3つ目は

骨格筋率が低い

ことです。

 

f:id:masato_wadatumin:20210421020648j:image

 

 

先程と逆で骨格筋率が低いと

その分消費カロリーも低く

太りやすい身体になってしまいます

 

消費カロリーを増やすために

骨格筋率を上げるようにしましょう!

 

 

 

今回は

痩せやすい人と痩せにくい人の違いを

話しました。

 

痩せにくい人の特徴は

普段の生活をちょっと変えるだけで

全然変わってきます。

 

普段痩せにくいと思ってる人は

生活を見直すことで痩せやすい身体になります。

 

諦めずに今の生活を見直してみましょう!

 

f:id:masato_wadatumin:20210421020502j:image

 

今回出てきた骨格筋率は

次の記事でまた話していきます!

 

是非見てください!

 

 

 

ご精読ありがとうございました。